おすすめ情報

    リフォームとは

    リフォームとは、悪くなった部分を元の状態に戻すことで、建てつけが悪くなった扉を直したり、劣化したクロス(壁紙)を張り替えたりして、傷んでいるところを直して、新築時の状態に近づける、見えている部分のメンテナンスのことを言います。新築を建て直すか、リフォームをするかで悩む人もいると思います。費用的に見れば、新しい資材代も解体費も処分代もかからないので、新築を購入するこりもリフォームの方がはるかにコストダウンができてお得です。また、中古物件をリフォーム目当てで購入する場合には、周囲の環境や立地などもわかりやすく安心して買えるでしょう。しかし、物件の築年数によっては、リフォームだけでは直しきることが出来ず、リフォームを繰り返さなければならなくなって、費用がたくさんかかったりした挙句、リフォームだけでは直せないと判断されるケースもあります。リフォームの場合は、間取りや構造などを変更する大きな工事は出来ないので、どうしても、間取りや構造自体を変えたい場合は、新築の方が安くなることもあります。この場合はリノベーションなどもオススメになります。最近では、リフォームとリノベーションを分けて考えられていますが、一般的な業者では、リノベーションとリフォームが同じ、もしくは、リノベーションはリフォームの大掛かりな物と言う扱いになっています。この大掛かりなリフォームとして考えるのならば、リフォームは条件さえ揃えば、だいたいの工事は可能になります。リフォームのしやすい物件なのかということを確認して、物件を購入するといいでしょう。

    リノベーションとリフォームの違い

    「リノベーション」は、建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を再生させることとなっていて、「リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを言い、壁紙の張り替えなど比較的小規模な工事を指すそうです。骨組みだけのスケルトン状態にして、間仕切りの変更や水廻りの配管を移動したり、構造補強なども必要に応じて行われますので、規模の大きな工事となります。建物の用途から変更する場合には「コンバージョン」として、分けられていますが、不動産情報誌など見ると、「リノベーション」の意味が少し広いようで、デザイナーリフォームした物件を「リノベーション物件」と呼んでいるようです。

    リノベーションとは

    内装をすべて解体し、まっさらの状態から水廻りの移動・配管工事・間取り変更・構造補強等を行う補修工事のことをさし、耐震性能やIT化など新たな付加価値をつけてマンションを再生させることです。従来のリフォームに比べて大規模な工事となるので、時間やコストなどの負担も大きくなります。 それに比べて「リフォーム」とは、原状回復を目的とした表面的な修繕、不具合箇所への部分的な対処を行うことを指します。 工事は多岐にわたり、自分でできるものからリフォーム業者に依頼するものまで期間や費用も様々ですが、一般的にリノベーションと比較して小規模な工事で済むことが多いです。リノベーションは既存の物件を住む人のライフスタイルを反映させた住まいにデザインし直すことといえるでしょう。 新築より安く自分の希望通りの空間を創りだせる現実的な新しい選択肢ということが、人気の秘密なのかもしれません。 リノベーションもリフォームも工事規模などに違いはありますが、どちらも目的は「中古マンションの再生」です。 新築物件に比べて、低コストで環境負荷が少ないといった今の時代に合った要素も多く、これからの不動産選びの選択肢の1つに定着していきそうです。

    主な住宅リフォーム

    • 雨漏りなどの修繕
    • 外壁の取り替え
    • 住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え、補修
    • 今の住宅の床面積を増やす(増築)
    • 今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(改築)
    • 省エネルギー性能の強化(エコガラス(省エネ複層ガラス)、サッシなど)
    • 耐震性の強化(補強工事など)
    • バリアフリー対応化
    • オール電化

    一般的には、近在の工務店を中心にした業者に見積もりや工事を依頼します。基本的に一品対応になるため部材の価格は比較的高めになります。また、現物合わせの作業を精度良く行うために熟練作業が必要となり、小規模な改装であっても高くつくことも多いようです。例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭ですが、現物合わせで取り付ける作業に手間を要し作業費がかさむこともあります。 そのため、施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があります。

    施主支給とは

    「施主支給」ですが、日本の一般的な新築工事・リフォーム工事は施工会社が施主の予算に合わせ、住宅設備・建材等の商品選定等を行い、それに伴った見積りを提出し工事の段取り等をして工事を進めていくのが主流です。「施主支給」の場合は、住宅設備・建材等の商品の選定、購入、手配まで自分で行い施工会社に住宅設備・建材を支給するというような流れです。施主支給は、商品だけ支給する場合と、施工を含めた場合(システムキッチン・ユニットバス(システムバス)などのシステム商品は全国メーカー施工可能)のものがあります。また、メーカー施工不可の商品であっても、施工加盟会社より保証付の工事が可能です。この施主支給という方法をとることにより、自分の気に入ったメーカーのお好みの商品を選ぶことはもちろん、その商品を格安にて購入することが可能となります。(例えばシステムキッチンは住まい百貨店。洗面化粧台はA店。照明器具はB店といったかたちで、より安い会社から個別に購入することもできます)

    メリット

    最大のメリットは、二つあります。まず一つ目は、家を安く建てられることです。通常の施工会社は物(住宅設備・建材等)にも利益を含めた金額表記をすることが一般的です。しかし「施主支給」を利用することによりこのようなブラックボックス的な現象は一切おこることはありません。なぜかというと答えは簡単です。物「住宅設備・建材」を施主で用意するからです。施工会社の利益が明白になることは必然でしょう。だから「施主支給」は安く家を建てられるのです。ですが現在「施主支給」の施工を嫌がる施工会社は少なくありません。

    デメリット

    施主支給で大変なのが商品仕様を自分で調べたり、工事進行状況に合わせ、商品(住宅設備・建材)を手配するということです。

    一般的な観点から見て気をつけて考えた方がよい点

    トイレのリフォーム

    一般的にトイレのリフォームは、便器の交換、和式トイレを洋式トイレに変えるなどが考えられます。地域によっては、下水工事に伴ってトイレのリフォームを考えていくこともあると思います。現在和式トイレの方は、高齢になってからのことや安全面、使い勝手からいうと洋式トイレのほうが、さまざまな点で優れているといえるでしょう。トイレの便器についてですが、便器の価格は、グレードによってかなりの開きがありますが、およそ便器の交換の場合、便器代プラス20万円程度の工事費でできると考えられます。しかしながら、多くの場合、一緒に内装を換えたり、手洗い器をつけたりする場合がありますので、そのための費用は追加でかかることになります。また、和式トイレから洋式トイレに変更する場合は、配管の変更やトイレ内の段差を無くす工事などが必要になってきますので、その分上乗せされてくることを念頭に置かなければなりません。

    洗面所のリフォーム

    洗面所のリフォームの場合、洗面化粧台のグレードが価格を大きく左右する要因となります。使い勝手から言うと洗面所で使うものの収納スペースがしっかりあるタイプがお勧めですし、朝、同じ時間に準備などをする家族が複数いる場合は、蛇口が複数あるタイプにすると便利です。また、洗面化粧台を変更する際に設置場所を変更する場合は、給排水管などの移動や電気配線工事が必要になりますので注意してください。

    浴室のリフォーム

    浴室は、家の中でも最もリラックスできる場所のひとつです。せっかくリフォームするのなら快適に過ごせる工夫がほしいですね。最近では、ジョットバスやサウナ、テレビなどを備えたタイプも出ていますし、入浴には関係ありませんが、便利な機能として浴室乾燥機を備えたものも出ています。自分のライフスタイルに合わせて選びたいものです。浴室リフォームの方法には、在来工法にする場合とユニットバスにする場合とに分けられます。在来工法によるリフォームは、設計図から床、壁、天井そして浴槽を施工していきます。それぞれ自分の好みを繁栄させることが可能で自由度は高いといえます。工事期間は、およそ1ヶ月程度と長くなりますし、浴室を従来より広くとる場合は、壁を取り払ったりしなければならず、またその場合構造上の強度などにも配慮する必要があります。ユニットバスの場合は、あらかじめ工場でつくられた浴槽や換気設備、給排水管、電気設備など浴室に必要な設備が備わっているため工期は、およそ1週間程度ですむ場合がほとんどです。また、全てがワンセットになっているため、防水性や断熱性も高いといえます。ユニットバスの価格帯は、浴室の大きさや設備機器の性能などによって開きがありますが、普及タイプは、40万円程度から200万円程度になります。

    サニタリーのリフォーム

    浴室、トイレ、洗面所などのサニタリースペースのリフォームは、時期をずらして別々に行うのではなく、すべて同時期に行うようにしてください。サニタリースペースは、壁などで仕切られて作られている場合でも一体的な空間になっていたり、近くに配置されている場合がほとんどですから給排水管の取替えや移動を行う場合でも何度も解体する手間が省け、工期、予算の両面でメリットがあるでしょう。

    キッチンのリフォーム

    キッチンは家事の一番大事な場所であり、長時間働く場所でもありますから、動きやすくて使いやすい、明るく快適な空間つくりを考えましょう。まず、キッチンのリフォームの場合、ダイニングとの関係を考えてどのタイプにするか、決めなければなりません。キッチンには、ダイニングスペースの一画に設けるオープンタイプ、ダイニングに対面する形で設置する対面式タイプ、そしてダイニングと独立させた独立タイプ。最近の主流は、対面式タイプとなっていますが、対面式やオープンタイプは、家族との会話をしながら調理や後片づけができるというメリットがありますが、ダイニングからキッチンが見えてしまう、収納が少なく、においや煙が広がりやすいなどのデメリットもあります。独立タイプは、キッチンが個室になっているので、においや煙も気にならないですし、収納スペースも沢山確保することが可能です。しかし、ダイニングとの行き来など不便さはあります。キッチンのリフォームの場合、費用の大半を占めるのが、システムキッチンとなります。どんな仕様になっているか、また、オーブンや食器洗い機などが付いたタイプになりますと高額になってしまいます。本当に必要な設備を充分に考えて仕様を選びましょう。できる限り、メーカーなどのショールームで実物をチェックするとトラブルが発生することもなくなります。システムキッチンの設置費用は、一般的に商品代金の一割程度と言われています。

    リビングのリフォーム

    リビングは、家族が最もよく利用するスペースです。それだけに、家族みんながくつろげて、居心地のいい空間にしたいものです。リビングのリフォームで最も多いのが、ダイニングとキッチンを一体型にしたLDKにするタイプです。主婦が料理をしながらリビングで遊ぶ子どもに目が届くなどメリットが沢山あります。なかには、来客時にキッチンを見られることを嫌う方もいらっしゃいますが、その場合は、対面式にすれば多少解消されます。場合によっては、開閉できる間仕切りを設置すれば、家族といるときは開けておき、来客時には閉じておくことでキッチンの独立性を持たせることも可能です。また、リビングとダイニングキッチンに間仕切りできる仕切りを設けることで、来客が多い家などでは、家族との共存も可能になります。リビングの内装は、できるだけ奇抜な色使いはやめてやさしい雰囲気を作り出すように工夫しましょう。さらに、夜の使用も長く、広さも大きいので省エネタイプの照明器具にすると電気代の節約になりますので、多少金額が高くても検討してみてください。

    収納のリフォーム

    長く暮らしていると『どこにこんなに物があったのだろう』と思うほどに物があふれてきます。収納が上手な人とそうでない人、また物を捨てられないなどの理由によりどんどん物が増えてしまうなど理由はさまざまですが、リフォームする際には、あるべき場所に収納スペースがないために物があふれてしまう場合が往々にしてあります。つまり、生活をする上でしまいやすく、取り出しやすい場所に収納スペースがあることが重要です。大きな納戸が屋根裏にあってもキッチンで使うものを、一々屋根裏部屋まで取りに行っていては大変です。生活の動きに合わせて適切な場所に適切な収納があることが、収納上手になる秘訣かもしれません。例えば、玄関には充分な大きさの下駄箱や玄関収納、キッチンには床下収納、トイレにはトイレットペーパーやトイレ掃除用具などを入れておく収納棚、脱衣所には衣類の収納棚や浴室で使う物などを入れておくスペースがあると便利ですよね。リビングや寝室などには、天井まである作り付けの収納スペースを確保すれば、空間の広がりを確保したままで収納力が上がりますし、階段下収納や出窓の下に収納スペースを設ければ、デッドスペースを有効に使いながら、使いたいものを使いたい場所の近くに収納することができます。ただし、高齢の方、もしくは高齢になってからの事を念頭においてリフォームをする方は、屋根裏など高いところや床下などの腰をかがめなければならない所の収納はできるだけ避けておいたほうがいいでしょう。

    内装のリフォーム

    クロスや床の張替えなどの内装のリフォームは、材料などのグレードによって大きく価格が変わってきます。クロスは、ビニールクロスが一般的ではありますが、家族の健康を考えると天然素材のクロスがお勧めです。また、クロスを貼り付ける接着剤には充分な注意が必要です。接着剤に含まれるホルムアルデヒドが、喘息やシックハウス症候群を招く大きな原因と考えられているためですが、工事が始まる前に担当者に確認を取っておいたほうがいいでしょう。現在では、ほとんどの業者が、ホルムアルデヒドを含まない接着剤を使っているのが普通ですが、念には念を入れておいてください。床材は、適材適所で選ぶことが重要ですが、トイレや洗面所、脱衣所などは、水に強い素材を使い、それ以外はフローリングをお勧めいたします。カーペットは、ダニやカビの発生の原因になるのであまりお勧めできません。

    廊下、階段のリフォーム

    廊下や階段のリフォームをする場合は、将来、高齢になって身体の機能が衰えたときに備えておくようにするといいでしょう。まず廊下ですが、車椅子が通れるように幅を広げておくといいでしょう。また、手すりを取り付けておくこともお勧めいたします。手すりはすぐに必要がないという場合は、将来手すりが取り付けられるように下地を作っておいたりするといいでしょう。階段は、勾配を緩やかにするほか、踏み面を広くする、また幅を広げ手すりを取り付けることができればなおいいです。最近では、ホームエレベーターを設置している家庭も徐々に増えてきているようですが、300万円近い費用がかかりますので、予算と照らし合わせて考えてください。また、階段の照明は比較的暗くなるケースが多いので、足元灯をつけるなど、明かりを確保する方法を考えてください。

    外壁、屋根のリフォーム

    外壁や屋根はリフォームの中でも比較的多くの家庭で実施されています。見た目の問題もありますが、屋根などは、他も部分と比べても痛む可能性が高く、また、雨漏りなどの直接生活に支障をきたす可能性が高いからです。外壁のリフォームは、一般的には、塗装を塗りなおしたり、モルタルの上に新しく外壁材を張るなどの方法がありますが、サイディングを張る場合は、概ね100万円以上は予算を見ておいたほうが無難でしょう。また、モルタルの上からサイディングを張る場合は、必ずモルタルの壁の日々などを補修してから行うことが必要です。ひび割れた壁に直接サイディングを貼ってしまうと、壁のひび割れが原因でサイディングが崩れたり、雨漏りしたりする可能性がありますので注意が必要です。屋根材には、和瓦、セメント瓦、カラーベストなどがありますが、それぞれの材質によって手入の仕方が違ってきます。和瓦は、耐久性には優れていて30年から50年近く持ちますし、塗り替えなどの手間もかかりません。瓦自身に破損が見られた場合のみ補修、交換が必要です。セメント瓦は、塗装の痛み具合によりひび割れが発生したりして雨漏りの原因になったりしますので、10年に一度程度塗り替えをしておいたほうがいいでしょう。カラーベストの場合は、耐久性は非常に高いのですが、色があせやすく、その都度、塗り替えをすることをお勧めいたします。


    Copyright (C) 2012 best-smile.jp All Rights Reserved.

    PR: