1. TOP
  2. スキンケア
  3. 若返りのスキンケアで注目の幹細胞エキス化粧品とは

若返りのスキンケアで注目の幹細胞エキス化粧品とは

若返ったようにお肌にハリと透明感が実感できるとして最近注目されている幹細胞エキス化粧品はメスを使わない美容整形ともいわれ即効性があるのが特徴です

幹細胞美容液には加齢によって活動が鈍った細胞を活性化させる成長因子が豊富に含まれています。

そのため古い角質やメラニン色素などが排出されシミのない肌に導き30代40代50代の女性にはピッタリのコスメ若返りのスキンケアとして肌のたるみやくすみなどの悩みの方に大注目の最先端化粧品!

 

そもそも幹細胞とスキンケアの関係って?

新しいエイジングケアとして注目されており、細胞に働きかけるという成分である幹細胞化粧品ですが細胞を活性化すると科学的な事を言われても、いまいちピンとこない、そんな人も多いはず。

幹細胞というのは決まった役割を持っていない細胞のことで、使う部分によってどんな細胞にもなれる多分化脳と呼ばれる成分です。

自分が持っている幹細胞と全く同じ細胞をコピーする自己複製脳という機能を持っているので、簡単に言えば細胞を増やすことができる成分です。

 

IPS細胞などの再生医療が注目されているのは脂肪幹細胞を培養すると軟骨細胞、骨細胞、神経細胞など人間の臓器や器官の元になる細胞へと変化する最先端の研究ですが医療目的と同じように肌細胞の再生、活性化にも効果がありシワの改善予防効果、美白効果、抗酸化作用など様々な美容効果が期待できます

寿命が尽きた細胞はまた新たに作られて生まれ変わる能力を持っています。皮膚がケガをして傷ができてもしばらくたつとすっかり良くなるのは、細胞が失われた組織を修復する幹細胞があるからです

幹細胞には主に2種類存在します

再生医療の技術により、肌の細胞を活性化させ、内側からハリや弾力を与える効果があるために美容業界でも注目されていますが幹細胞には主に2種類が存在しスキンケアに応用されています

表皮幹細胞
表皮幹細胞は、肌の新陳代謝を行う部分なので、ここを活性化すると肌のターンオーバーが正常化されます。紫外線でできたメラニン色素や、古い角質が排出されるのでくすみやシミ、角質による吹き出物やニキビが改善方向へ向かいます。
線維芽細胞
もう一つは線維芽細胞という真皮にある真皮幹細胞に働きかけます。真皮には肌のハリを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが存在します。つまり保湿にかかわる部分の繊維が集まっているので、この細胞を活性することによって肌内部の保湿が可能になります。

今までのスキンケアが肌表面から不足した美容成分を補うものというイメージなのに対し、幹細胞化粧品は内側の細胞に働きかける化粧品と覚えておくと、分かりやすいのではないでしょうか。幹細胞は肌細胞にある幹細胞に働きかけるので、より肌の生まれ変わりにダイレクトに働きかけることができるので実感力が高いスキンケアなんです。

その他にも幹細胞にはトランスフォーミング成長因子と呼ばれる働きがあります。これによって肌の炎症が沈められるので、敏感肌や炎症が起きやすいアレルギー体質の肌にも副作用のリスクが少なく肌トラブルで悩んでいる方にも安心できるスキンケア化粧品です。

幹細胞化粧品のアンチエイジング効果

幹細胞エキス化粧品は細胞レベルにアプローチし加齢や乾燥、紫外線などの影響によって幹細胞の働きが鈍くなってしまったり、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまった細胞を活性化させることが主な目的です

幹細胞化粧品が次世代のスキンケアと呼ばれるのは肌の再生力と細胞そのものを増やす働きがあることで時間を巻き戻す若返りのスキンケアとして期待が高まっているんです

  • 肌のくすみ、たるみ
  • 空調などによる肌の乾燥
  • 目元や口元のしわがはっきりしてきた
  • 毛穴が開いて引き締めたい

幹細胞には細胞組織の再生力でターンオーバーの活性化や上記のような老けて見られる症状や年齢肌、肌トラブルの方には効果が期待できます。また脂肪幹細胞にはコラーゲンを生み出す細胞のもとにもなり脂肪幹細胞自体にもコラーゲンを生み出す能力がありますので肌の曲がり角を過ぎた30代からの女性には特におすすめの化粧品となっています

逆にいうと20代などのまだ細胞が活発な女性が普段のスキンケアに使用してもあまり実感は得られないと思いますので幹細胞化粧品は年齢肌の方が使うのが良いと思います

関連ページ若返りで評判の幹細胞コスメおすすめランキング

脂肪幹細胞エキスが配合されているの?

幹細胞化粧品と聞くと人間から採取した脂肪幹細胞のエキスがそのまま配合されているの?と勘違いしそうですが人間の幹細胞がそのまま入っている訳ではありませんのでご安心ください

幹細胞化粧品では脂肪組織を採取した後に脂肪由来幹細胞に分離培養し、そこから抽出した培養液を使用しています。脂肪組織由来の幹細胞は脂肪組織からわずか1%しか採取できない希少なものですので高度な培養技術と希少性の為に特にヒト由来の幹細胞化粧品は今までのスキンケア化粧品と比較して高価になってしまうわけです

プラセンタ、コラーゲンなどの美容成分と何が違うの?

今までのスキンケア化粧品に配合されていることが多いプラセンタやコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの美容成分と幹細胞化粧品はいったい何が違うのでしょうか?

プラセンタ

プラセンタは様々な化粧品に配合されている有名な美容成分ですね。プラセンタは英語で胎盤という意味で女性は妊娠の際に子宮の中にできる器官です

プラセンタには赤ちゃんの成長に必要な成分が豊富に含まれており美容成分としても知られています。プラセンタの主な成分として10種類以上のアミノ酸、細胞の増殖を促進する成長因子と呼ばれる特別なたんぱく質、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなどのビタミン類もバランスよく含まれています。

女性への美容効果としては顔のしみやしわの改善、お肌のたるみなどにも効果的です。プラセンタには主に3種類があり豚プラセンタ、馬プラセンタ、羊プラセンタがありサラブレッドから採取した馬プラセンタが最も安全で効果が高いと言われています。

ヒト由来のプラセンタもありますが医療機関や医師のもとでの注射治療に限定されていますのでサプリメントや化粧品には配合されていません

プラセンタも幹細胞化粧品と似た美容効果がありますが最大の違いは幹細胞化粧品にはヒト由来の培養液が配合されていることでしょう。美容クリニックなどのプラセンタ治療ではヒトプラセンタが使われてシワの改善などに効果が高いですがその分、料金も割高です。

ヒトにはヒトのプラセンタや培養液を使用するのが肌への吸収率も高く効果も高まりますので化粧品でヒト由来の培養液が配合されている幹細胞化粧品はプラセンタ化粧品よりも実感力が高いと言えるでしょう

コラーゲン

人間の肌は表皮、真皮、皮下組織の三層構造になっていますがコラーゲンやヒアルロン酸は真皮にある成分で肌の弾力を保つためにはとても重要な成分です。人間の体は細胞の集まりで形成されていますがコラーゲンは細胞と細胞の間を結び付けたり支えたりと接着剤の役割を果たしています

真皮の中にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が存在して肌の水分量や弾力などを保っていますが加齢によって代謝が落ちるとコラーゲンは徐々に減少し肌の表面に症状が現れ出し、ほうれい線や小じわなどの年齢肌となってあらわれます

そういったコラーゲン量が減ってしまった年齢肌や肌のたるみなどの改善にコラーゲンをサプリメントやドリンクなどで補給するのが食事などよりも効率的だと言われています。

加齢によって代謝が落ちコラーゲン量が不足したお肌へサプリメントや美容ドリンクで補給することに対して幹細胞化粧品では細胞の増殖、複製を促すことが出来るのが違いでしょう。つまりサプリやドリンクで不足を補うのではなく真皮の中で衰えてしまったコラーゲンを代謝する細胞を活性化させてあげれば肌のハリや弾力が戻るということです

こういったことが幹細胞化粧品が「若返りのスキンケア」と言われている由縁なんですね

幹細胞化粧品に副作用はある?

スキンケア化粧品は毎日肌に使うものですから肌トラブルなどの副作用を心配している方も多いかもしれません。敏感肌やアトピーなど肌トラブルが起きやすい方は新しい化粧品を使い始めるには慎重になりがちですが幹細胞化粧品は安全なスキンケア化粧品なのでしょうか?

内側から細胞に働きかける幹細胞化粧品ですが、だからこそどんな肌にも合うのか使うのが怖い、といった人もいるでしょう。特にアトピーや敏感肌の人は肌に良いからと高級な化粧品を使用して失敗したというケースも多いはず。

幹細胞化粧品はどんな肌質でも使うことができるのでしょうか。

肌が弱い人にこそ使ってほしい幹細胞化粧品

幹細胞美容液は基本的に肌を細胞レベルで修復する化粧品ですので、副作用や敏感肌は使えないという商品ではありません。むしろ乾燥や肌ストレスなどから肌トラブルを引き起こす敏感肌の人にとっては向いている化粧品でしょう。

幹細胞化粧品コスメは細胞が活性化しますので、敏感肌自体の根本的な改善も期待できる化粧品です。とはいえ気を付けておきたいポイントはあります。
それは使用する美容液が何由来の幹細胞美容液であるか、という部分です。

幹細胞化粧品は主にヒト由来、植物由来の2種類があり植物由来であれば元々人間の肌にはない幹細胞から培養されていますので、そこに何らかの拒否反応が起こる可能性はゼロではありません。最初は直接お顔などに塗らずにパッチテストを行ってから使用しましょう。

これはどんな化粧品にも言えますが使う人の肌質はそれぞれ違いますので100%肌トラブルが起きないとは言えませんが幹細胞化粧品は余計な添加物は使用されていませんのでスキンケア商品の中でも副作用のリスクが少ない化粧品です

一番安心なヒト由来幹細胞美容液

どんな化粧品を使っても肌トラブルを引き起こす方はヒト由来の幹細胞化粧品がおすすめです

ヒト由来の幹細胞コスメは人間の体内に存在する脂肪幹細胞から培養されていますので生理的にバランスがとれており組織再生に最も効率が良く低刺激で安全だと言われていてヒト由来ですからお肌との相性が良く実感力も植物由来とは比較にならないほどです

幹細胞化粧品の種類

幹細胞化粧品はヒト由来と植物由来の主に2種類ですが幹細胞を培養する過程は同じですが目的や効果は別物と考えたほうが良いと思います

植物由来の幹細胞コスメ

植物由来の幹細胞化粧品で使われているのがリンゴやアルガンなどの幹細胞エキスです

中でもスイスで栽培されている「ウトビラー・スパトラウバー」という希少な品種は4ヶ月腐らないリンゴとして有名で抗酸化作用が強く植物由来の幹細胞化粧品に配合されていることが多いです

植物由来の幹細胞化粧品はコスト的にも抑えることが出来、比較的手頃な価格で購入できますが、あくまでも抗酸化作用や保湿が目的です

ヒト由来の幹細胞コスメ

人間の脂肪幹細胞から培養したコスメでヒトと相性が最も良く美容効果が高く副作用のリスクが少ない安全性も高いコスメです

人間の細胞にはレセプターと呼ばれる鍵穴のようなものがありヒト幹細胞培養液に含まれる成長因子などが、その鍵穴にピタリとはまり細胞の活性化にスイッチを入れ効率よくエイジングケアが出来るという仕組みです

今までのエイジングケアの多くはシミ対策やお肌のハリ不足に対してスキンケアで水分や脂分を肌の表面に補給・保湿して一時的に肌を戻すケアでしたがヒト由来の幹細胞コスメでは根本の細胞にアプローチして肌のお手入れをするのが大きな違いです

・同じ幹細胞化粧品でも目的やアプローチが違いますので抗酸化作用・保湿であれば植物由来の幹細胞化粧品
・細胞レベルにアプローチして根本からエイジングケアを行いたい場合はヒト由来の幹細胞化粧品
自分の肌悩みや目的に合わせて選んでみましょう

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

20代のように勢いだけでは乗り切れない。いつまでも綺麗な自分を好きでいるには努力も大切!そんな30代以上の女性に美容と気になりだした健康情報をお伝えするオトナ女子のライフマガジン

関連記事

  • 同じところに繰り返すあごの大人ニキビの原因と5つの対処法

  • 肌荒れしやすい人にオススメ出来る市販の洗顔料は?

  • 美肌の決め手は美容液やクリーム?ちょっと待って!美肌作りの正しい洗顔できていますか?

  • 万が一日焼けした場合は?日焼け後のケアも大切!美白効果がある食べ物を積極的に摂ろう

  • 乾燥肌の大人ニキビに向いている化粧水の選び方

  • 大人ニキビを悪化させない肌に優しいクレンジングの選び方