疲れ目、眼精疲労に向いたサプリでパソコン作業から目を守りましょう

「夕方になるとピントが合わない」

「老眼みたいに小さい文字が読めない」

最近ではパソコンやスマホを長時間見ることによって老眼とは無縁の若い世代でも小さい字が読みずらい、ピントが合わない人が増えています。

目を酷使することによって起きる眼精疲労や疲れ目を軽く考え放置してしまうと視力低下を引き起こし視力の回復が難しくなります。

眼科を受診するほど深刻じゃない場合は食事や目薬、サプリなどを有効に使いながら疲れ目対策をしていきましょう。

疲れ目、眼精疲労には目のサプリを効果的に摂り入れましょう

疲れ目 サプリ パソコン

疲れ目や眼精疲労で視力が落ちた場合、思いつくのが目薬や点眼薬だと思います。

もちろん、点眼薬や目薬にも疲れ目を癒すビタミンAなどの成分が含まれていますので血行促進による視力の回復効果は期待できますが、あくまでも一時的なものに過ぎません。

一方、目のサプリメントは、毎日継続することによって目に良い成分を内面から補いますので眼精疲労の対策と予防には効果的です。

もちろん即効性はないですし、効果にも個人差がありますが、続けることで目への負担を軽減することができます。

疲れ目、眼精疲労の主な症状

では、具体的に疲れ目にはどの様な症状があるのでしょうか?

パソコンやスマホなどのブルーライトを長時間浴び続けたり紫外線などの影響により目が疲れてしまい視力の低下を自覚している方が増えています。

疲れ目や眼精疲労が長引くと視力の低下以外にも体にはさまざまな影響が現れてきます。

目がしょぼしょぼして字がぼやける

目の周りには眼球を支えている外眼筋という筋肉があります。

それだけでなく、目のレンズを調節する毛様体筋という部分も筋肉でできています。ずっと長時間同じピントで物を見続けると、目の筋肉が疲労します。

それが肩が凝ったのと同じように目が疲れて視界がぼやけるという事につながります。

ぼやける他にもショボショボするのは目が筋肉疲労で血行が悪くなっているサインです。

目の奥が痛い

パソコンやスマートフォンのブルーライトは、本来自然界に存在する刺激ではありません。

その強い光を網膜の奥で情報処理し、脳に伝達させるプロセスの中で、メカニズムが異常な状態に陥ることがあります。

このときに目の奥に強い痛みを感じることがあります。

偏頭痛や群発頭痛など頭痛の症状が原因で目の奥が痛くなることがあり油断は禁物です。痛みが酷かったり長時間続くようでしたら大きな病気の前兆かもしれませんので自己判断せずに専門医に相談してみましょう。

吐き気・肩こり

テレビやパソコンなどのVDT(Visual Display Terminals)作業が長時間続くことで眼精疲労につながります。

目を酷使する作業を続けることにより、眼痛・かすみ眼・充血などの眼の不調以外にも肩こりや吐き気などの全身症状が出現し、休養をとっても十分に回復しない状態です。

頭痛

目が疲れると血流の流れが悪くなり視力の低下や肩こり、吐き気と共に現れるのが頭痛です。

休息や睡眠をとっても症状が改善しない場合眼精疲労へと進行しますが頭痛薬を飲みすぎると効かないこともあるので要注意!

市販の頭痛薬ではロキソニン、バファリン、イヴなどがありますが、どれも非ステロイド性抗炎症剤で毎日のように常用すると薬物乱用頭痛が起き逆効果になりますので飲み過ぎには注意しましょう

めまい

目まいには大きく分けて、「グルグル目まい」と「フワフワ目まい」の2種類がありパソコンやスマホの見過ぎで起きるのが「フワフワ目まい」です。

耳の奥にある三半規管の障害で起こり周囲の景色が動いているように見えまっすぐ歩けないような状態になる場合が多いです。

目の疲れ、眼精疲労に出来る対策法

疲れ目や眼精疲労の主な原因は血行不良や必要な成分が不足していることで引き起こされますのでビタミンや必要な成分を補って対策していきましょう。

ビタミン剤

目の疲れがビタミン不足によるものであれば、ビタミン剤を飲むことで一定の効果は期待できると思います。市販されている錠剤のビタミン剤ですとエスファイトゴールドやアリナミンAですがビタミンB1、B6、B12の補給が可能です。

疲れ目や眼精疲労に良いとされる代表的なビタミンは、

ビタミンB1

オクトチアミン、ベンフォチアミン、フルスルチアミン、硝酸チアミンなどがある。神経や筋肉の組織に作用し、肉体疲労、眼精疲労などを改善する。欠乏すると眼球運動など中枢神経に影響がある。

ビタミンB2

リボフラビンとも呼ばれる耐熱性の成長促進因子として発見された。皮膚や粘膜、爪、髪の健康を保つ。欠乏すると、眼精疲労や皮膚炎、口内炎などが起こる。

ビタミンB6

抗皮膚炎因子として発見された。ホルモンや神経伝達物質の合成にかかわり、免疫機能の維持や、皮膚や粘膜を正常に保つはたらきがあり、欠乏すると、皮膚炎や口内炎が起こる。

ビタミンB12

シアノコバラミンとも呼ばれ、神経・筋肉系のはたらきに作用し、粘膜を正常に保つ 。欠乏すると末梢神経障害などが起こる。

参考:第一三共ヘルスケア

目薬

パソコンやスマホに集中しすぎて疲れ目を感じたら目薬でアイケアをおこないましょう。

疲れ目や眼精疲労の場合は目の痛み、かすみ目の症状が多いですが以下の成分が配合された目薬を選びましょう。

  • グリチルリチン酸二カリウム
  • アラントイン
  • イプシロンーアミノカプロン酸
  • ネオスチグメンメチル硫酸塩

蒸しタオルで血行促進

目の疲れには休ませてあげることが一番ですが仕事だと頻繁に休ませるわけにもいきませんね。

そんな場合はお昼休みや休憩時間に蒸しタオルで血行を促してあげましょう

水に濡らしたタオルを固く絞って1分ほどレンジでチンすれば出来上がり。

タオルやレンジが使えない環境であればアロマの香り付きのホットアイマスクがおススメ♪

アロマの香りでリラックス効果も楽しめます

目にいい食べ物を積極的に摂る

視力の回復などでイメージする食材と言えばブルーベリーが代表的ですが普段の食事でも目にいい食べ物はありますので積極的に摂っていきましょう

カキ

カキに含まれている成分の中でも注目したいのがタウリンと亜鉛です。

タウリンは栄養ドリンクに多く含まれる成分ですが疲労回復だけではなく肝機能アップさせ神経の疲れや水晶体の濁りを防ぐ効果もあります。

また亜鉛は体に欠かせない成分で不足すると疲れやすくなったり薄暗い所でものが見えにくくなります。

ナマコ

ナマコも視力回復に効く成分タウリンを豊富に含んだ食材です。

さらになまこが目に良いとされるのはあのコリコリとした部分にコンドロイチン硫酸が含まれているからです。

コンドロイチン硫酸は目の角膜にも含まれているため不足すると眼精疲労や視力低下を引き起こします。

コラーゲン

コラーゲンと言うと美肌成分として美容飲料や化粧品にもよく含まれているのでよく知られている成分ですよね。

実はあまり知られていませんが眼球の水晶体などにもコラーゲンは重要な役割を果たしています。

コラーゲンが不足すると飛蚊症やドライアイの原因になります。

ですのでコラーゲンを補給することによって目の張りを保ち飛蚊症やドライアイを軽減します

目に悪い食べ物は避ける

では疲れ目や視力の低下など目に悪い食べ物はあるのでしょうか?

これは具体的な食品というよりは普段の食事習慣をチェックするのが良いでしょう。

乳製品や脂っこいもの、糖分の多いものなど目に限らず健康を損なうようなカロリーが高いものや暴飲暴食は当然目にも悪いですので避けましょう。

疲れ目にはルテインを補給するのがポイント!

疲れ目にはビタミンや目薬などで一時的に視力の回復は期待できますが疲れ目の元に働きかけることが一番効率的です。

そこで重要になってくるのがルテインです。

最近では健康番組などでも取り上げられることが多いルテインには強い抗酸化作用があり疲れ目の予防には重要!

紫外線やブルーライトなどの波長が短く強い光は目に入ると活性酸素を発生させ目のかすみやぼやけ、ピントが合わなくなるなどの疲れ目や眼病の原因になります。

その有害な可視光線が目に侵入したときに活性酸素を吸収し抑える働きがあるのがルテインとゼアキサンチンです。

ルテインとゼアキサンチンは元々、黄斑部に存在し強い抗酸化作用があり紫外線やブルーライトを吸収し有害な光によって発生する活性酸素を除去する目には大切な成分で天然のサングラスとも呼ばれています

ルテインサプリの効果

ルテインは疲れ目やスマホ老眼などから視力を回復させるために重要ですが体内では生成できない栄養素であるために常に食事などから補給する必要あるんです。

ルテインは主に緑黄色野菜に含まれている成分ですがケールやほうれん草に豊富に含まれていることが知られています。

通常であれば6mgのルテインを摂取するためにほうれん草では約1/2束必要で目の不調を自覚している場合は毎日1束が必要です。

ただ毎日食べるのも大変ですし食べたからといって全てが体に吸収される訳でもありません。

そのために効果的にルテインを補給するためにはサプリメントが向いていますしルテイン以外にもアントシアニンやゼアキサンチンなど目に良い成分を同時に摂れるために視力の回復にサプリが人気になっています。

市販のルテインサプリメント3選

視力を回復するサプリはランキングサイトなどでも多く紹介されています。

ブルーベリーよりも抗酸化作用が高く視力の回復が期待できるルテインサプリが主流になってきていますがルテインの配合量が多く人気のサプリを3つ紹介します。

一望百景

ルテイン サプリ

内容量:30粒 (約1か月分)

定価:1,800円

ルテイン含有量:20mg

健康食品で知られるマイケアから販売されている視力回復サプリです。

手元の狂いが許されない歯科医が愛飲していることでも知られ販売開始以来300万袋突破し購入者の実感率も89.1%と評価の高い目のサプリです。

初めての購入者は効果を実感できなかった場合、全額返金保証できるのも人気の理由です

[su_button url=”https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=C6120k-X201488f&p=P4138835″ target=”blank” background=”#ea6408″ size=”10″ wide=”yes”]詳細はコチラ[/su_button]

ロートv5

目のサプリメント ロートv5

内容量:60粒 (約2か月分)

定価:3,888円

ルテイン含有量:10mg

ロートv5は目薬で知られるロート製薬から販売されている目のサプリメントです。

定価だけを見ると高く感じますが2か月分たっぷり入っていますのでコスパは他社製品とほとんど変わりません。

定期コースで申し込んだ場合、毎回送料無料で初回は半額で始められます。

[su_button url=”https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=910323L-E346596m&p=k637894U” target=”blank” background=”#ea6408″ size=”10″ wide=”yes”]詳細はコチラ[/su_button]

めなり

疲れ目 サプリ パソコン

内容量:60粒 (約1か月分)

定価:2,980円

ルテイン含有量:12mg

めなりは多くの健康食品の販売実績がある,さくらフォレスト株式会社から発売されている目のサプリです。

特徴は何と言っても業界トップクラスの配合量と吸収率の良さ!

特許成分配合で吸収率と持続力が高く身体への吸収力は一般的なビルベリーの6倍!持続力も約2倍となっています。

相乗効果でルテインの吸収率も179%に高まり安定した人気のサプリとなっています。

割り引率の高いモニターコースだと初回77%オフの907円!2回目以降も25%オフですし回数の縛りが無いですのでいつでも解約できますし、初めてめなりを購入の方は15日間の返金保証も付きますので安心して試せる目のサプリとなっています。

[su_button url=”https://t.felmat.net/fmcl?ak=W683M.1.Q16685L.S247614″ target=”blank” background=”#ea6408″ size=”10″ wide=”yes”]詳細はコチラ[/su_button]

最後に

いかがだったでしょうか?

疲れ目や眼精疲労はパソコンやスマホを見る機会が多い現代では誰もが経験する症状ですがサプリなどをうまく活用しながら予防と対策をおこなっていきましょう。