1. TOP
  2. スキンケア
  3. 日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先?素朴な疑問を改めて解決しましょう

日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先?素朴な疑問を改めて解決しましょう

紫外線対策は女性であれば普段からしっかりと対策をされている方が多く基本的なスキンケアの一つですよね

 

最近では温暖化や気候の変化から年々日差しの強さを実感されている方も多く

夏に限らず一年にわたって紫外線対策は将来のシミやそばかすを予防するためにもとても大切なスキンケア

 

でも普段使いのSPFの低い日焼け止めなどは

持続効果が短いですから一日の間でも塗りなおす必要がありますよね

そこでふと疑問になるのが日焼け止めと化粧下地の順番です

最近ではUVカットの化粧下地などもありますし

「どっちを先に塗ると効果が高まるの?」「メイクは落とす必要があるの?」

今まで何気なく使っていた日焼け止めですがそんな疑問を抱いたことはありませんか?

今回は日焼け止めと化粧下地の順番や効果的な使用法などを解説していきます

気になる化粧下地と日焼け止めはどっちが先が正解?

紫外線の強い季節になると、日焼け止めを顔に使用します。

そこで素朴な疑問になるのが、化粧下地と日焼け止めの順番ではないでしょうか?

また化粧下地も日焼け止めも、同時に塗って構わないのかも気になるところです。

どちらが正解ということはあるのでしょうか?

日焼け止めから化粧下地の順番がおすすめ

基本的に、化粧下地はメイクをより綺麗に見せるための機能を持っています。

そのためスキンケアを終えたら日焼け止めで紫外線をカバーし、その次に化粧下地を塗るのが適切です。

化粧下地の上に日焼け止めを塗ると、化粧下地の持つ効果が失われてしまうこともあります。

順番は日焼け止め、その後化粧下地を使いましょう。そうすれば日焼け止め特有の乾燥や白浮きも下地でカバーできます。

水分、油分をしっかりと馴染ませてから次の作業へ

日焼け止めや化粧下地を塗る前の段階のスキンケアで、乳液やクリームを使用すると思いますが

その際にしっかりと水分と油分を肌になじませないと、ファンデーションがよれて化粧崩れの原因になります。

時間はかかりますが、しっかりと肌に浸透させてから、次の工程に進みましょう

日焼け止めを使ったメイクの塗り直しはどうする?

ここが一番悩まれてる方が多いようですがしっかりと

紫外線をカットしたいなら面倒くさがらずにメイクは塗り直した方がお肌には安心です

メイクを塗りなおすときには、日焼け止めを下地代わりに使い、再度塗りなおすと良いでしょう。

まず日焼け止めをパフに少量とり、顔全体にくるくると回すように日焼け止めを塗ります。

この時、最初のファンデが取れてしまいますが、後で塗りなおすので大丈夫です。全体に日焼け止めが塗れたら、再度ファンデーションで整えましょう。

またパウダータイプの日焼け止めを、直したファンデの上から塗る方法もあります。

しっかりと対策するならメイク落とし、乳液を使って塗りなおしましょう

もししっかりと化粧直しをしたいのであれば、手間はかかりますがメイクを落として塗りなおしてください。

ふき取りタイプのクレンジングや、クレンジングミルクなどでベースメイクをふき取ります。

ポイントメイクはそのままで問題ありません。

その後に日焼け止め、化粧下地を塗って、再度ファンデーションを塗って紫外線対策をしましょう

普段から出来る紫外線対策は?

紫外線対策は以前までは夏だけのものと感じていた方も多いですが

地上に降り注ぐ紫外線には主に2種類ありシワやたるみの原因になるUVA

秋や冬などでも紫外線対策が不要になるほど極端に紫外線量が減ることはありません

その為に1年を通して紫外線対策は必要ですが日焼け止めを使うのは

やはり毎回だと手間や時間が掛かりますので少しでも効率よく紫外線対策するための方法や疑問点を確認しましょう

関連ページ地方別に紫外線量の比較と紫外線の種類の解説

 

化粧下地と日焼け止めを1本で済ませることは出来る?

UVケアをしながらも、肌悩みを解決するための化粧下地がセットになったものがあります。

日焼け止めも下地も、という手間を考えると、1本で済ませることはメリットもあるでしょう。

中にはファンデーションもこれ1本という、BBクリームなども売られています。

UVカットの化粧下地の効果ってどれくらい?

化粧下地の中にもUVカットができるものがあります。

日常生活や、ちょっとしたお出かけ程度であれば、下地だけでもじゅうぶん役目を果たしてくれます。

ただし日焼け止めと比べると、やや効果は落ちるでしょう。

しっかりと対策するならUVカット下地と日焼け止めの併用が正解

紫外線をしっかり防御したいのであれば、UVカット機能のある下地と、日焼け止めの併用使いがおすすめです。

UVケアがこの2つで強力にできますので、野外イベントや長時間の屋外にも対応できますね。

また日焼け止めは白浮きや乾燥を起こします。

肌への負担は、化粧下地の保湿効果でカバーできます。

お肌の為には紫外線散乱剤を使いましょう

日焼け止めには大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

吸収剤は受けた紫外線を吸収してから放出するタイプの日焼け止めです。

そのため肌に負担がかかり、アレルギーによって肌に赤みがでたりかゆみが出る場合もあります。

一方散乱剤は肌への刺激が少ないので、ノンケミカル日焼け止めといった呼ばれ方をします。

散乱剤イコール全てが安全という訳ではないので、散乱剤の中でもより肌に優しいタイプを選ぶと良いでしょう。

散乱剤は成分が流れやすいので、こまめに塗りなおすというのも知っておきましょう。

普段使いの日焼け対策にスプレータイプやパウダータイプもおすすめ

日焼け止めはこまめに塗りなおす必要があります。

そのため顔に塗っても、外でまた塗りなおさなければならないので、メイク直しにも手間がかかりますよね。

長時間の外出であれば紫外線を多く受けるため、メイクを落として再度塗る必要がありますが

普段使いであればスプレータイプや、パウダータイプが手間も掛からず便利に使えます。

スプレータイプやパウダーなら、一度メイクを落とさなくて済むので簡単です。

また手も汚れませんし、髪の毛の紫外線カットも同時にできます。

忙しい朝や、外出先でサッと使えますよ。

さいごに

日焼け止めを塗ってから、化粧下地という順番が正解です。

日焼け止めにも様々な種類があり、普段使いや長時間の野外など

用途によってタイプ分けをすると良いでしょう。

 
また少しのお出かけなら、下地にUVケアができるアイテムもあり紫外線対策には併用がおススメですが忙しい時や少しのお出かけくらいなら、UV下地だけでも使っていきましょう。

最近では塗り直しが手間だったりお肌が敏感な人、普段メイクが出来ない人には

身体の内側から日焼け対策が出来、飲む日焼け止めとも言われている

日焼け止めサプリなどを愛用している方も増えてきました。

うまく使い分けをしながら、紫外線対策で美肌を目指していきましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

関連記事

  • <保存版>大人ニキビを早く治す最短ルールと予防法のまとめ

  • 分かっているようで知らない日焼け止めの表示の見方を解説します

  • ベビーコラーゲンが詰まった卵殻膜スキンケアであの頃に戻れるかも?

  • 日焼けニキビを治す5つの法則で退治しましょう

  • ナッツ類はニキビが出来ると誤解していませんか?アーモンドは美肌で痩せるスーパーフード

  • 若返りのスキンケアで注目の幹細胞エキス化粧品とは