美肌の決め手は美容液やクリーム?ちょっと待って!美肌作りの正しい洗顔できていますか?

エイジングケアや普段のお肌のお手入れとして沢山の美容液やクリームなどを試したり新しい成分の化粧品が発売されるたびに使ってみても思ったほどの効果を実感できない…。

そんな”コスメジプシースパイラル”にハマっていませんか?

お肌のお手入れというと、どうしても美容液やクリームに目が行きがちですが土台のお肌のコンディションを整えるには洗顔を抜きにしては語れません。

今一度、基本に立ち返りましょう

スッピン美人が理想の肌なのです

一生懸命毎日スキンケアをするのは女性であれば当たり前のルーティンですが毎日お手入れを続けないと保てない肌というのは望ましい事ではありません

肌の理想のコンディションは美容液やクリームなど何かを補給しないと保てない肌では無く、なにもしなくても美しさを保てるお肌です。そのためにも大切なのが一日の汚れを落とす洗顔です

表面の健やかな肌細胞が洗顔によって肌の汚れを取り去って現れている状態が一番の理想ですが、その反対に間違った洗顔法を行っていればその蓄積で肌はどんどん悪化して美容液やクリームが手放せないお肌へと変化してしまいます

間違った洗顔で肌の透明感は失われます

まず洗顔の話しをする前に洗顔をしなかった場合、肌にはどんな影響があるのかを考えてみましょう。肌は常に新しく生まれ変わっています。いわゆるターンオーバーと言われるサイクルです。

基底層で生まれた肌細胞は成長しながら約1か月かけて表皮に現れ最終的に垢となって肌から剥がれ落ちますが、これが健康的な肌の状態です。

しかし洗顔せずに肌表面に汚れが残っていると古くなった角質が剥がれ落ちることができず肌に停滞してしまう事になります。そうなるとメラニンなどを含んだ古い角質が肌に蓄積し肌のくすみがおき透明感を徐々に失っていきますので洗顔はなによりも重要視しなければならないスキンケアの第一歩なんですね

ノーメイクの日はぬるま湯洗顔で十分なのは間違い

 

ノーメイクの日はぬるま湯で洗顔するだけで十分だという説もありますが本当でしょうか?ぬるま湯で洗顔した場合汗や埃といった水溶性の汚れは落ちるはずですので、メイクをしない日はそういった意味でも洗顔はぬるま湯でも十分だという事だと思います

ただ実際はそう単純な話しではありません

汗やほこりは肌表面の皮脂と混ざり合うためにぬるま湯だけでは不十分なのです。つまり肌の為と思ってぬるま湯洗顔をしてしまうと逆効果になりターンオーバーの邪魔をしてしまい角質を厚くしてしまうために肌のくすみなどの原因になってしまうのです

洗顔には3つの目的があります

毎日の生活を送りながら洗顔をする際には大きく分けて3つの汚れを落とす目的があります

[su_note note_color=”#fdf6d6″][su_list icon=”icon: exclamation” icon_color=”#e25d5d” size=”25″]メイク[/su_list][su_list icon=”icon: exclamation” icon_color=”#e25d5d” size=”25″]ほこりや排気ガス・大気汚染粒子[/su_list][su_list icon=”icon: exclamation” icon_color=”#e25d5d” size=”25″]古い角質や皮脂、皮膚の老廃物[/su_list][/su_note]

肌表面には水溶性、油溶性の様々な汚れが生活する毎日では蓄積していきますので洗顔はどうしても美肌を目指すには必要になってきます。正しい洗顔をすることにより肌表面を覆っていた汚れを取り去り古い角質を取り除いてあげることにより新陳代謝がスムーズに行われます。

すると生まれたばかりの肌細胞が表面に出てくることになり透明感のある美肌をキープできるんですね♪

肌は新しい細胞を生み出すことは出来ても役目を終えた古い細胞を取り除くことは出来ません。そのためにも洗顔をしっかりと行うことが大切です。

どんなに質の良い美容液やクリームを使っても肌に汚れが残っていれば浸透が悪くなりますし実感力も落ちてしまいます。つまり洗顔とは美肌における”はじめの一歩!”になるんです

さいごに

くすみのない透明肌には正しいスキンケアが重要になってきます。お肌のケアが重要な30代以上の女性であれば尚更ですね。

良い成分の美容液やクリームもスキンケアには大切ですが土台を整えることが美肌を作るにはもっとも重要で効率が良いですので正しい洗顔で美肌を目指しましょう