1. TOP
  2. 健康
  3. 痛っ!慢性化している頭皮ニキビの原因と対策

痛っ!慢性化している頭皮ニキビの原因と対策

髪をブラッシングしたり、ふとかゆくて頭を触った時に、頭皮のニキビに気づくことってありませんか?

頭皮のニキビは顔と違い、髪の毛に覆われているため分かりにくいのです。

しかも放置していると何回も繰り返し、慢性化することもありますので痛みが長引いてしまいシャンプーや髪のセットも恐る恐るされている方も多いかもしれませんね

出来ては消えるを繰り返す頭皮にニキビができる原因や対策法を考えてみましょう

治っては現れる頭皮ニキビって病気なの?

髪をかき分けると、ポツポツと赤い腫れのようなものがいくつもできているものが頭皮ニキビです。

繰り返す頭皮ニキビは、顔にできるニキビと同じ原因でできます。

髪の毛にも顔と同じく毛穴がありますから、その毛穴に皮脂が詰まり毛穴が塞がれた状態でアクネ菌が繁殖するとニキビになります。

特に頭皮は体の中でも皮脂分泌が非常に多いので、詰まりやすく炎症が起きやすい場所なのです。

また頭にはアクネ菌以外にも、マラセチア菌や様々な皮膚炎が発生することもあります。

ニキビ自体は病気ではありませんが、放置したり進行すると皮膚炎を起こすこともありますので注意が必要です

ではニキビとは別に考えられる皮膚炎にはどの様な種類があるか見ていきましょう

脂漏性皮膚炎


参考:http://www.kamedahihuka.com/newpage16.html

皮膚炎の中でも頭皮に起こりやすいのが、脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎とはマラセチア菌と呼ばれるカビの一種

マラセチア菌が皮脂を分解する際に出る分解産物が、頭皮を刺激し様々な症状が起きます。

やたらとフケが多い、かゆみが強い、また進行するとかさぶたのような塊ができることもあります。

慢性化しやすく再発するなら皮膚科で適切な処置が必要です。

接触性皮膚炎


参考:http://otonabi.net/haircare/sukoyaka-jihada/

皮膚がデリケートな人は、触れ合う物の刺激で肌がすぐにかぶれることがあります。

簡単にいえば接触性皮膚炎は毛染めや整髪剤、シャンプーなど髪に使うあらゆる刺激でかぶれを起こしている状態。

頭皮以外の肌でも良く起こりますが、頭皮でも同じく起こる症状です。

アレルギー反応のようなものなので繰り返しやすく、治りにくいのです

アトピー性皮膚炎


参考:http://www.ibe-cl.com/skin/atopy/

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質が皮膚炎として現れる症状のことです。

慢性的な皮膚炎ですので、かきむしりによる肌荒れや傷ができ、そこに雑菌が繁殖し治りにくい状態にもなります。

アレルギーは基本的に体質で根治は難しいので、シャンプーや整髪料などの刺激から肌を守る対策が常に必要です。

皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂が元々少ない体質の方は、頭皮が乾燥することでひび割れが起こり外部刺激に弱くなります。

乾燥によってフケやかゆみが強く出る症状を、皮脂欠乏性皮膚炎と言います。

乾燥しているので摩擦に弱く、少しかいただけで傷ができやすいため、そこから炎症を起こすこともあります。

今使っているシャンプーが原因かも?

 

頭皮に毎日使用するものと言えば、シャンプーですよね。

繰り返す頭皮ニキビは、今使用しているシャンプーが原因な事もじゅうぶん考えられるでしょう。

ひとつはシャンプーの洗い残しが原因で皮脂つまりが起こっている場合です。

しかし意外とシャンプーの成分自体が頭皮に合っていない、ということもあります。

頭皮ニキビには念入りに髪を洗えば良いと考えがちですが逆効果になっている場合もありシャンプーの成分をしっかりと知ることは重要です

頭皮ニキビを起こしやすいシャンプーの成分

頭皮にダメージを与えやすい成分が含まれているシャンプーは、頭皮ニキビを起こす可能性があります。

特に洗浄力が強い、安価なシャンプーには合成界面活性剤が含まれています。

そのような成分は皮脂を取り過ぎて乾燥を招き、ニキビの原因を作っていることもあります。

・科学石油系の洗浄成分

・合成着色料

・シリコン

・ラウリル硫酸

これらの成分が配合されているシャンプーは刺激が強く、頭皮ニキビが起きている場合は避けた方が無難かもしれません。

合成界面活性剤による経皮毒の危険性

合成界面活性剤によって皮膚バリアである角質層が

破壊され、そこから有害な化学物質が侵入し皮膚に

浸透した化学物質は10日間経過しても10%も排出されない

言われており、ほとんどは皮下組織に残留し体内に蓄積されてしまいます。

 

もちろん化学物質の入り口である頭皮にも影響はあり

アトピーの方は絶対に避けるべきですしアレルギー体質や

皮膚の弱い方、健康な方でも長い期間使い続けることによって

頭皮がダメージをうけニキビや赤みなどの湿疹が発生します。

オリーブオイルで頭皮マッサージってどうやるの?

頭皮の乾燥やニキビを防ぐためには、オリーブオイルが効果的です。

やり方は、シャンプーをする前の乾いた髪にオリーブオイルを使って頭皮を優しくマッサージするだけです。

皮脂は油分ですから、同じ油分であるオリーブオイルが皮脂を浮かせてくれます。

またオリーブオイルが乾燥した頭皮を保湿するので、ニキビ予防になるのです。

ただし皮脂の取り過ぎになってはいけませんので、行うのは2週間に1度程度が好ましいです。

あまり多く使うと洗い残しの原因にもなりますので、量は様子を見ながら使いましょう。

頭皮ニキビが出来るだけならシャンプーを変えることから始めよう

オイルマッサージもニキビ予防になりますが、根本的な改善をしなければ頭皮ニキビや吹き出物は繰り返し出来てしまいます。もし皮膚炎のような症状ではなくニキビが繰り返しできるようならシャンプーが合っていない可能性が一番高いでしょう。

洗浄力の強い石油系シャンプーは髪を洗った直後はサッパリ感があり清潔になった気分になりますが頭皮の皮脂を根こそぎ奪ってしまい逆に頭皮が乾燥状態になり痒みやフケ、頭皮ニキビの原因になります。

そのような頭皮ニキビの方には以下のようなシャンプーがおススメです

ノンシリコン 植物成分など天然成分のシャンプー
無添加 アミノ酸シャンプー
ボタニカルシャンプー

洗浄力よりも、肌に優しい成分を重要視してシャンプーを選ぶことが頭皮ニキビには大切です

さいごに

頭皮ニキビは放置すると、皮膚炎を招く以外にも毛根が傷つき脱毛の原因になることもあります。

いつもニキビができているなら、まずはシャンプーの見直しを行いましょう。

そしてヘアブラシを清潔にする、整髪料をあまり使用しないなどの対策も必要。

そしてオイルマッサージでケアすれば、ニキビ予防にもなり頭皮の健康を保てますので是非実践してくださいね

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

関連記事

  • 夜、眠いのに熟睡が出来ない。寝たいのに寝れないときの対処法まとめ

  • 目立つ脇汗の黄ばみはワキガが原因?そう決めつける前にチェックするポイント

  • 夕方になるとひどくなる足のむくみ解消法

  • スマホやPCを見過ぎて目が疲れた時にみるみる良くなる対処法

  • 顔やボディだけじゃない!日焼け後の目のケアで視力は変わってくる

  • シャンプーしても頭がくさいのは何故?頭皮の臭い予防を考える