1. TOP
  2. スキンケア
  3. 肌荒れしやすい人にオススメ出来る市販の洗顔料は?

肌荒れしやすい人にオススメ出来る市販の洗顔料は?

すぐに吹き出物ができたり肌が荒れたりしやすい人は毎日の洗顔方法や洗顔料の選び方にも慎重になってしまいますよね

「優しく洗顔しているのに肌が荒れる」

「肌荒れしやすいけど洗顔料の選び方が分からない」

こういった肌荒れしやすい敏感肌の人は、スキンケアひとつを選ぶにしても慎重になってしまいます。

専門のクリニックでしっかりケアすることも一つの方法ですが、スキンケアの基礎である洗顔料を見直してみるのはいかがでしょう。

肌荒れしやすい人でもオススメできる市販の洗顔料の選び方を紹介します。

肌荒れしやすい人の洗顔料選び3つのポイント

すぐに肌が敏感になりがちな人は、ただ何となく市販されている洗顔料を選ぶと失敗します。

そのため大切な洗顔料選びの3つのポイントを参考にしてください。

1.低刺激であること

商品の成分表示をしっかりとチェックすることが大切です。

刺激になるような添加物は含まれていないか、

皮脂を取り過ぎる成分が含まれていないかなどが主なチェック項目です。

また無添加処方や天然成分を使用したシンプルな洗顔料を選ぶのもオススメです。

2.保湿・保護成分にクローズアップした洗顔料を

肌が荒れがちな人は、乾燥肌の人が多いです。

肌のバリア機能が低下して、少しの刺激でも

すぐにコンディションが揺らいでしまう乾燥肌の人は敏感肌になりがち。

すっきりとした使用感がある洗浄力の強い洗顔料よりも皮脂を取り過ぎず、

しっかり保湿をして肌を守ってくれる成分が含まれているかが重要なポイントです

3.優しい洗い心地

洗顔は汚れを落とし、顔を綺麗にするためのスキンケアですが、少なからず摩擦によって肌にダメージを受けます。

敏感肌の人は、その摩擦による刺激ができるだけ少ないテクスチャーの洗顔料を選びましょう。

■泡立ちやすい
■柔らかい泡
■弾力のある泡

なめらかできめ細かい泡が作れる洗顔料は、優しい洗い心地なのでおすすめです。

肌トラブルが多い人は界面活性剤や洗浄力の強いものは選ばない

化粧品に使われる界面活性剤は、何千種類もあることはご存知ですか?

そもそも界面活性剤は化粧品には必要不可欠な成分です。

洗顔料に保湿を与えたいとなると、水分に油分を入れなければならなくなります。混ざらない物同士を混ざりやすくするためなので、要は洗浄力の強い合成界面活性剤を使わないことが大切なのです。

普通肌の人が使っても問題なくても、敏感肌の人が使うと肌荒れを起こす原因になることがあります。

極力肌にマイルドな界面活性剤が含まれた洗顔料を使いましょう。

洗顔石鹸の特徴とメリット

固形タイプの洗顔石鹸は今でも根強い人気があります

その大きな理由は固形石鹸には、余分な油分が含まれていません。

そのため後の化粧水や乳液が浸透しやすいという特徴があります。

また洗顔料の中でも洗浄力が高く、不要な汚れや皮脂を取りながらも必要な皮脂は取り除かないというメリットがあります。

トラブルが起こりがちな肌に、おすすめの洗顔料タイプです。

洗顔クリームの特徴とメリット

洗顔クリームも洗顔フォームと同じ呼び方をする場合があります。

ただ洗顔クリームには泡立てないジェルやミルクなどが含まれています。

特徴はマッサージ効果が期待でき、毛穴の黒ずみをケアしたり肌を柔らかくほぐしてくれるのがメリットです。

洗顔フォームの特徴とメリット

いわゆるチューブに入ったタイプの洗顔料や、泡で出てくるタイプの洗顔料のことです。

洗顔フォームの特徴は界面活性剤が含まれており、しっかりと顔の汚れを落としてくれる部分です。

メリットは泡立ちやすく、肌触りの良い泡が作れる部分です。

洗顔料の成分をフルに発揮するために正しい洗顔を!

どんなに良い洗顔料でも普段の使い方を間違ってしまうと

成分が良くても肌荒れや肌トラブルの原因になりますので洗顔方法を復習してみましょう。

・お湯の最適な温度は30度から35度くらい

・お湯で予洗いをし、洗顔料がなじみやすい状態に

・洗顔料をしっかりと泡立てる

・指でゴシゴシ洗いはNG

・洗顔料を残さないようにしっかりとすすぐ

 

肌が荒れがちな人は、洗顔するお湯に注目しましょう。最適な温度は30度から35度くらいが肌に優しい温度です。

まずはお湯で予洗いをし、洗顔料がなじみやすい状態にしておきます。

そして洗顔料をしっかりと泡立てましょう。

泡立てるのが苦手な人は、洗顔ネットなどを使用するとモコモコした泡が作れますよ。

あくまでも泡で顔を洗うというイメージで、指でゴシゴシ肌をこするのはNGです。

きめ細かい泡なら、こすらなくても毛穴に入り込んで汚れを落としてくれます。

最後にすすぐときは、2、30回くらいはしっかりすすぎ洗い残しがないように洗うのがポイントです。

コンディションが良い時は定期的にソフトピーリング洗顔を。

年齢を重ねたり、不十分な洗顔によってターンオーバーが滞ることがあります。

そんな時には古い角質を除去するピーリングがおすすめです。

ピーリングはしすぎると肌に負担がかかりますが、肌のコンディションが良い時にすると良い効果をもたらします。

洗顔後のスキンケア効果が高まったり、黒ずみやイチゴ鼻の解消になります。

定期的なソフトピーリングで肌の新陳代謝を促してあげましょう。

不規則な生活や食生活を見直すことも大切

肌が敏感なのは、体質や年齢的なことも原因ですが、他にも食生活や不規則な生活が原因であることも少なくありません。

脂っこい食事は、余分な皮脂を増やす原因にもなります。

またストレスや寝不足はホルモンバランスを崩し、その影響で肌が荒れます。

洗顔料やスキンケアばかりに頼らず、自分の生活を見直してみることも大切です。

さいごに

いかがだったでしょうか?

肌荒れしやすい人にオススメな市販洗顔料の選び方は、成分や使い心地がポイントです。

界面活性剤は洗顔料には不可欠ですが、あまり洗浄力の強いものを選ばないようにしましょう。

加齢が気になる人はソフトピーリングでターンオーバーを促進するのもオススメ。

洗顔の仕方は正しいのか、そして今の生活習慣が肌荒れを起こしていないか、再度見直すことも美肌を手に入れるコツですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

関連記事

  • 天然の美白成分で安心!麹の美白・美容効果で美肌女子を目指そう♪

  • 美白有効成分の種類と美白化粧品の選び方

  • 日焼け止めと化粧下地の順番はどちらが先?素朴な疑問を改めて解決しましょう

  • <保存版>大人ニキビを早く治す最短ルールと予防法のまとめ

  • 乾燥肌の大人ニキビに向いている化粧水の選び方

  • 万が一日焼けした場合は?日焼け後のケアも大切!美白効果がある食べ物を積極的に摂ろう