1. TOP
  2. ボディケア
  3. 万が一日焼けした場合は?日焼け後のケアも大切!美白効果がある食べ物を積極的に摂ろう

万が一日焼けした場合は?日焼け後のケアも大切!美白効果がある食べ物を積極的に摂ろう

友人とのアウトドアや遊びに夢中になって思った以上に日焼けをしてしまうこともありますよね

長時間の屋外で過ごしたりうっかり日焼け止めを忘れたり塗り直しを怠ると日焼けしてしまう事があると思います。そんな場合でも諦めずに日焼けした後でもしっかりとケアすれば、紫外線のダメージは最小限に抑えることは出来ますので諦めずにしっかりとケアをすることが大切です。

日焼け後の対策として美白効果のある化粧水や美容液でケアすることはモチロンですが普段の食事から美白効果のある食べ物を積極的にとることでメラニン色素の沈着を抑えることが出来ますので体の内側・外側の両面から対策をしていきましょう。

日焼けしてしまったら美白に働く栄養素をとりましょう

内側から美白に働きかける栄養素を摂れば、万が一日焼けしてもケアできます。

美白に効果的な栄養素は何があるのか、それぞれがどんな働きを持つのか詳しく見ていきましょう。

ビタミンCの働きとおすすめの食べ物

ビタミンCは紫外線を浴びた時に、

肌を守ろうとするメラニンの材料であるチロシナーゼの働きを阻害します。

熱に弱く水溶性なので、おすすめの食べ物は生のまま食べられる食材です。

キウイ
アセロラ
パプリカ
ゆず

ビタミンCが多いのは色が緑や赤などの綺麗なフルーツや野菜に多く含まれています

スムージーにしたり、生サラダに添えるのが良いでしょう。

ビタミンEの働きとおすすめの食べ物

ビタミンEには抗酸化力があり、

紫外線で発生した活性酸素の除去に一役買ってくれます。

活性酸素は増えすぎるとシミの原因になるので、

ビタミンEを摂ることは体内からの美白ケアにぴったりです。

また肌の新陳代謝を促し、あらたな美肌を作り出す元になる栄養素です。

アーモンドなどのナッツ類全般
アボガド
かぼちゃ

ビタミンEは血行促進にも効果的なので、体全体の健康にもおすすめです。

ビタミンB2の働きとおすすめの食べ物

ビタミンB2の働きは、皮膚や粘膜の健康維持がメインです。

また新陳代謝を助け健康な肌へと導いてくれます。

レバー

納豆
乳製品

身近な食品に多いので、摂取しやすい栄養素です。

オメガ3脂肪酸の働きとおすすめの食べ物

DHAやEPAと言えば聞き馴染みがあるかもしれませんね。

オメガ3脂肪酸には肌に必要なセラミドと同じような働きを

持っていたり、有害物質を外に排出し、くすみをケアする美白効果も期待できます。

青魚全般
亜麻仁油
えごま油

あまに油やエゴマ油はサラダやカルパッチョなどにかけて、加熱せず摂取しましょう。

リコピンの働きとおすすめの食べ物

活性酸素が増えると体内で酸化が起こり、それがシミの原因になることがあります。

その酸化を防いでくれるのがリコピンです。

トマト
すいか
ニンジン

見た目が赤い食べ物に含まれています。

日焼け対策にオススメの飲み物

食材は1日に必要な量が多い場合があるので、飲み物で補うのもおすすめの方法です。

手軽に摂取できて、続けられる飲み物が良いでしょう。

アセロラドリンク

ビタミンC含有量の中でもトップクラスなのがアセロラです。

またアセロラに含まれているアセロラポリフェノールという成分は、

メラニンの生成を抑えて日焼けを予防してくれます。

キレートレモン

キレートレモンにはレモン1個分の果汁が含まれています。

ビタミンCとクエン酸が1350mg配合で、紫外線のダメージから肌を守ってくれます。

炭酸が入っているので、酸っぱいものが苦手な人でもおいしく飲めますよ。

豆乳

豆乳は栄養がありながら低カロリーなので、

ダイエット中でも取り入れやすく、毎日続けやすい飲み物です。

大豆イソフラボンには増えた活性酸素を抑制し、

乾燥した日焼け後の肌に潤いをアップしてくれます。

紫外線の吸収を促進するソラレンに要注意

フルーツや野菜には美白に良いビタミンが含まれていますが、

実は光毒性物質が含まれていることはご存知でしょうか?

ソラレンと呼ばれており、ソラレンには紫外線を吸収する性質があります。

ソラレンはアセロラやキウイ、レモンなどの

柑橘類や、きゅうりやセロリなどの野菜にも含まれています。

ソラレンの効果は長くて6時間なので夜ごはんに食べれば問題ありません

ソラレンを摂取してから、体内にソラレンがあるのは長くて6時間程度です。

そのため夜ごはんに柑橘類を食べれば、まず問題ないでしょう。

ソラレンを気にして摂取しないよりも、食べて得られる効果の方が大きいので美白ケアとして積極的に摂取しましょう。

日焼けの炎症を促進するアルコールは避けましょう

日差しの下でビールを飲むのは最高かもしれませんが、肌にとってはマイナス。

紫外線を浴びた時に作られるプロスタグラジンEは、血管を拡張し皮膚を炎症させます。

お酒も血管を拡張する作用があるので、お酒を飲んで紫外線の元にいくとよりプロスタグラジンEの働きを助けてしまいます。

活性酸素が出る食品添加物の多い食品はNG

活性酸素は増えすぎると体内が酸化し、シミをはじめとした老化現象を引き起こします。

紫外線でも増加しますが、他にも食品に含まれる添加物でも増えます。

添加物たっぷりのインスタント食品などは避けた方が良いでしょう。

糖化を促進する甘いものや脂っこいものもNG

砂糖のたっぷりと含まれたケーキを焼くとこんがり焦げ色がつきますね。

それが肌でも起こるのが肌の糖化です。

甘い食べ物や脂質の多いものの食べ過ぎは、

肌のコラーゲンが変色しくすみのもとになってしまいます。

糖化は徐々に起きるので、美白ケアをしたいなら普段から気を付けましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

万が一日焼けしてしまった場合、化粧水や美容マスクでスキンケアをするのは大切ですが美白効果がある食べ物や飲み物を積極的に摂ることで相乗効果が期待できます。

美白ケアにはビタミンたっぷりのフルーツや野菜、青魚など効果的な食べ物がたくさんありますもで甘いものや油ものでシミやくすみを増やさないよう、食生活にも注意することがポイントです。

全てを実践するのは大変ですが美白に働く食べ物を知識として知っているだけでも日焼け後のケアにも活用できますね

関連ページ日焼け後の肌にも働く飲む日焼け止めサプリ

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

20代のように勢いだけでは乗り切れない。いつまでも綺麗な自分を好きでいるには努力も大切!そんな30代以上の女性に美容と気になりだした健康情報をお伝えするオトナ女子のライフマガジン

関連記事

  • 美白有効成分の種類と美白化粧品の選び方

  • <保存版>大人ニキビを早く治す最短ルールと予防法のまとめ

  • 石鹸で脱毛出来るって本当?気になる脱毛石鹸の成分や効果

  • 【最新】卵殻膜化粧品の市販はどれがおススメ?人気ランキング発表!

  • 人に聞きずらいデリケートゾーンの黒ずみをなくす4大成分

  • あなたの住んでる街はどれくらい?地方別に紫外線量を比較してみました