1. TOP
  2. スキンケア
  3. 日焼けニキビを治す5つの法則で退治しましょう

日焼けニキビを治す5つの法則で退治しましょう

ニキビが出来やすい女性にとって毎日のスキンケアには、とても気を付けていると思いますが紫外線とニキビは密接なつながりがあり注意が必要ですよ

マリーンスポーツや海水浴、リゾート地に旅行などの際にはしっかりと日焼け対策はしていても普段の生活でも日焼けによってニキビが出来てしまうことはあります

紫外線からニキビが出来る原因

紫外線にはニキビにかかわらずメラニンなどの影響からシミやしわ、長期間浴びることによって皮膚がんの発症リスクを高めるなどの悪影響が心配されています

 

ただ全く紫外線を浴びない生活というのも健康的にも良くありません

 

三大神経伝達物質であるセロトニン、ノンアドレナリン、ドーパミンは人間が健康的に生活するうえで大事な物質ですが中でもセロトニンは太陽の光を浴びることによって増加しますので適度に紫外線を浴びるのは健康のためにも大切なことなんです

 

しかしニキビや吹き出物が出来やすい体質のかたは日焼けは大敵ですので注意が必要です!

では日焼けをすると何故ニキビや吹き出物が出来やすいのでしょうか?

肌を乾燥させる

ニキビの原因は日焼けにかかわらず毛穴の皮脂のつまりが原因です。ホルモンバランスの変化によって皮脂量が増える思春期ニキビと違い日焼けでニキビが出来るのは乾燥が原因です

肌が乾燥すると肌は乾燥から守るために皮脂を盛んに分泌し毛穴が皮脂で詰まりニキビを発生させてしまいます

肌のバリア機能が低下してしまう

日焼けをしダメージを受けた肌は一時的にターンオーバーを早くして修正をしようとしますが通常のターンオーバーよりもサイクルが早まることにより未熟な細胞が肌表面を覆うことになり肌が本来持っているバリア機能が十分発揮されません

そのために小さな刺激でも大きなダメージになりその結果ニキビや吹き出物が出来やすくなります

活性酸素が脂質を酸化させる

活性酸素が紫外線を浴びると皮膚で発生し毛穴を詰まらせたり、すでに出来ているニキビには活性酸素の活発化によってメラニン色素が元気になり色素沈着がしやすくニキビ跡が残る大きな原因になっています

出来てしまった日焼けニキビの治し方

 

通常のニキビと日焼けニキビには違いはあるのでしょうか?

どちらも皮脂を詰まらせてアクネ菌を活発化させる理屈は同じです

すでに出来てしまった日焼けニキビに対してできるケアは通常のニキビケアと同じですが日焼けによってお肌が弱くなっていますので普段よりも慎重におこないましょう

1.正しい洗顔を心がける

毛穴をふさいでしまわないように正しい洗顔をおこなうことが重要です

皮脂を取り過ぎない、残し過ぎない石鹸洗顔がおススメ!特に毛穴の汚れを吸着するクレイ配合のせっけんと、こびりついた皮脂や角質を取り去るために週に数回は酵素洗顔を行いましょう

洗顔が終わったら十分に洗顔成分を洗い流し清潔なタオルで肌をこすらずに優しく押し拭きします

関連ページ→ちょっと待って!美肌作りの正しい洗顔できていますか?

 

2.ビタミンC誘導体入りの化粧水

化粧水はビタミンC誘導体入りのものを使いましょう

皮脂分泌や皮脂の酸化を抑える働きがありますし美白作用もありますのでニキビ跡の色素沈着にも有効です。クリームや美容液は皮脂常在菌のバランスを保つ処方のものを選びましょう

3.ビタミン、ミネラルを積極的に補給する

ビタミンやミネラルには皮膚の新陳代謝を促しニキビの原因になる雑菌などから保護する作用がありますので食品などから積極的に摂りましょう。

1)ビタミンC

抗酸化作用がありメラニン色素の生成を抑える働きがありニキビだけでなくシミやそばかすの発生を抑え肌へ潤いやハリを与えてくれます(柑橘類、パセリ、赤ピーマンなど)

2)ビタミンB2

不規則になったターンオーバーを整え透明感のあるみずみずしい肌に整える作用がありその結果、くすみやニキビ、肌荒れが起きずらくなります(納豆、豚レバー、焼きのりなど)

3)ビタミンA

肌のターンオーバーを促し古くなった角質や汚れを排出くれてニキビ対策には特に重要な栄養成分です(味付け海苔、鶏肉レバー、豚肉レバーなど)

4)必須脂肪酸

必須脂肪酸には数種類ありますがニキビに特におすすめなのがオメガ3系の脂肪酸です。オメガ3はターンオーバーを促すと言われ不足すると肌のバリア機能を作ることが出来ず肌が無防備状態になってしまいます(魚介類、エゴマ油、亜麻仁油など)

 

4.十分な保湿をする

日焼け直後は顔全体が炎症を起こしている場合があるのでしっかりと保湿してあげましょう

ここでの保湿というのは水分などでお肌に潤いを与えるという事です。過剰な油分はニキビを悪化させてしまいますのでクリームなどは控えましょう

気を付けてほしいのが念入りにケアをしようとして長時間パックや美容マスクを使う事。長時間使用するとシートなどが乾燥してお肌の水分を逆に吸ってしまう事になり逆効果になってしまいますので必要以上にやらないことも大切です

5.ニキビ専用ケアの使用

ニキビやニキビ跡専用に開発されたニキビケアの使用

化粧水や保湿だけでは不安な方はニキビ対策用に開発されたケア用品もおススメです。浸透成分が働きかけて既にあるニキビ染みや美白などにも働きかけます

さいごに

いかがだったでしょうか?

日焼けニキビの治し方を紹介してきましたが日焼けニキビは早めにケアすることが大切です。日焼けニキビは放置すると色素沈着をおこしニキビ染みなどになり戻すのに大変になりますので早めに処置をして美肌のキープを目指しましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

20代のように勢いだけでは乗り切れない。いつまでも綺麗な自分を好きでいるには努力も大切!そんな30代以上の女性に美容と気になりだした健康情報をお伝えするオトナ女子のライフマガジン

関連記事

  • ベビーコラーゲンが詰まった卵殻膜スキンケアであの頃に戻れるかも?

  • 美肌の決め手は美容液やクリーム?ちょっと待って!美肌作りの正しい洗顔できていますか?

  • 同じところに繰り返すあごの大人ニキビの原因と5つの対処法

  • 【最新】市販の大人ニキビ専用の集中ケア化粧品おすすめ5選

  • 保湿も出来る市販の美白化粧水の選び方とオススメ5選

  • 若返りのスキンケアで注目の幹細胞エキス化粧品とは