飲む日焼け止めって本当に大丈夫?サプリメントが日焼予防に効果がある仕組み

夏になると念入りに紫外線対策は必要ですが最近ではシミやしわに係わる可視光線は日差しが弱い季節でも無視が出来ないほど降り注いでいますので一年を通して紫外線対策は必要と言われています。

でもお肌のダメージを予防するためとは言え毎日日焼け止めクリームを欠かさず塗るのは大変ですよね

そこで最近では手軽に紫外線対策が出来る飲む日焼け止めを愛用している方が増えてきましたので名前だけは耳にした人方もいると思います。

塗る日焼け止めと違い、クリームを塗らないで本当に紫外線対策が出来るのか?

飲む日焼け止めを飲むだけで大丈夫?副作用など安全性は大丈夫?

興味はあっても色々な疑問があると思いますのでサプリメントで日焼け予防が出来る仕組みを解説していきましょう

飲む日焼け止めを飲むと日焼けしない仕組み

飲んだだけで日焼けをしないのは何故なのでしょうか。

そもそも日焼けは紫外線が原因です。

紫外線を適度に浴びることは骨粗しょう症やO脚などを予防するビタミンDを作り出すためには必要ですが過剰に紫外線を浴びてしまうと細胞が肌を守ろうとして出るのがメラニン色素で、このメラニン色素が肌を黒くします。

また紫外線によって肌細胞がダメージを受けてしまうと活性酸素が発生するなど紫外線を浴び過ぎてしまうと肌が黒くなるのはモチロンですがシミやしわなどの原因になり紫外線対策は重要になってきます。

ただ紫外線を浴びたからと言ってもその日のうちにみるみるメラニンが作られ肌が黒くなることは無く数日の猶予があります。

その間にメラノサイトの活性化を抑えることが出来れば肌のダメージは最小限に抑えることが出来シミやしわの原因を予防することが出来るんですね。

飲む日焼け止めではその点にクローズアップし活性酸素を抑えメラニン色素の活性化を抑える抗酸化成分を主成分にしたアイテムになります

・飲む日焼け止めは紫外線を浴びても肌にダメージを与えない抗酸化成分が豊富

・日焼け止めクリームは紫外線をブロックする

どちらも紫外線からお肌のダメージを予防する目的は同じですが日焼け止めクリームは単純に紫外線をブロックするだけですが飲む日焼け止めサプリではメラノサイトの活発化を抑制する抗酸化成分を配合しビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白・保湿成分など様々なお肌に良い成分が配合されていることが特徴です。

また飲む日焼け止めサプリでは過去の紫外線によるダメージで色素沈着してしまったお肌にも働きかけますし錠剤を飲むことによって体全体に作用し日焼け止めクリームのように塗り忘れや塗り残しなどの心配も不要ですので年々人気が高まっている紫外線対策です

関連ページ【最新】市販の飲む日焼け止めおすすめサプリ

日焼けしない成分を調べてみた

では日焼けしない成分にはどの様なものがあるのか?主成分は何なのか気になる所だと思います

日焼け止めサプリメントに含まれている有用成分は、主にフェーンブロックとニュートロックサンという成分です。

日焼け止めサプリの種類によって、このうちのどちらかが主成分として含まれていることがほとんどです。

フェーンブロックとは、シダ植物から抽出した成分で、海外製のサプリメントはこちらをよく使用しています。

一方ニュートロックサンは、スペインの企業が開発した成分で、ローズマリーエキスとシトラスエキスを組み合わせた成分です。

日本製のサプリメントの多くはニュートロックサンを使用しているサプリが多いです。

飲み始めてどれくらいで効果が現れるの?飲むタイミングは?

飲む日焼け止めは飲めば30分後くらいには効果が現れだしますが、サプリによっても様々です。

屋外に行く予定があるのであれば、数日前に毎日飲んでおくのも効果的です。

効果の時間はサプリメントにもよりますが、2時間程度から4時間程度と言われています。

そのため飲むタイミングは出掛ける30分くらい前と、持続時間を超えても外にいるのであれば追加で飲むと良いですね。

いずれもサプリメントによって違いますので、しっかりと用法や用量をチェックすることが大切です。

日焼け止めサプリに副作用はないのか

日焼け止めサプリは薬とは違い、健康補助食品の部類に入ります。

そのため副作用は心配いらないと言われています。

ただ海外製は日本で使用されていない成分が含まれている可能性もあるので、それがどれだけ体に影響するのかが分かりません。

天然由来の成分を使用していたり、科学的なものを使用していないなど、成分についてきちんと明記しているサプリメントを選んでください。

飲む日焼け止めを選ぶときには重視する成分は?

主成分であるフェーンブロックも、ニュートロックサンも働きかける効果は同じと言われています。

どちらも抗酸化成分であり、日焼けによる炎症を抑える作用を持っています。

ただニュートロックサンはシミやシワにも働きかけるので、美容面も考えるならニュートロックサンがおすすめです。

また飲む日焼け止めを選ぶ際には主成分もそうですが、他に含まれている抗酸化成分に注目してみましょう。

実は紫外線を浴びて発生する活性酸素には、複数の種類があるのはご存知ですか?

そのため複数の活性酸素に対応する、抗酸化成分の種類が多く含まれたサプリメントを選ぶと良いでしょう。

アスタキサンチンやリコピン、グアバやビタミンなど複数の抗酸化成分が含まれたサプリがおすすめです。

飲む日焼け止めサプリはどんな人に向いているのか?

日焼け止めサプリメントには、他の抗酸化成分も含まれています。

そのためシミやシワなどにも働きかけて美容面でもケアしたい人に向いています。

また日焼け止めクリームは刺激があるので、塗るのを最小限にしたい敏感肌さんも複合的なケアができます。

そして日焼け止めを塗り忘れてしまった、という忙しい人も日焼けのアフターケアとして飲んでも効果は期待できます。

絶対日焼けしたくない方は日焼け止めクリームと併用しましょう

飲む日焼け止めはそれさえ飲んでいれば、全く日焼けしないという商品ではなく、効果には個人差もあります。

絶対に焼けたくない人は、内側と外側の両方から日焼け対策を行うことをおすすめします。

また日焼け止めクリーム以外にも日傘やUVカットの洋服など、グッズでの対策も必要ですよ。

さいごに

いかがだったでしょうか?

飲む日焼け止めサプリって本当に大丈夫と不安に思っていた方には少しは理解できたでしょうか?

飲む日焼け止めは、強い抗酸化成分を主成分とした成分でできたサプリメントです。

夏だけでなく1年中降り注ぐ紫外線ケアは、外側だけでなく内側からも行うほうがより効果的ですね

紫外線は日焼けだけでなく、シミやシワなど老化現象も発生させてしまいます。

サプリメントだけでは100%のUVケアはできませんが日焼け止めクリームや日傘などと併用し、紫外線対策を徹底して行うと良いでしょう。