1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白有効成分の種類と美白化粧品の選び方

美白有効成分の種類と美白化粧品の選び方

女性であれば透明感のある綺麗な肌には憧れがあると思います。

年齢を重ねていくとどうしてもお肌のくすみやシミなどが目立ってきますので普段のスキンケアがとっても重要になってきます。

今回は美白ケアに効果的な美白有効成分の種類と美白化粧品の選び方を解説しながら美白におすすめなスキンケア方法などもお伝えしていきます

イメージで買うと失敗!美白成分が入った化粧品を選びましょう

たくさんある美白化粧品の中から1つを選ぶのはとても難しいように思います。使い心地や価格も大事ですが何よりも大切なのはしっかりと美白成分を含んでいると言うことです。

当然ですが中には美白成分を満足に含んでいなくても
美白化粧品のようなイメージで売られているものもあります。

よくわからないけど美白っぽい化粧品を使っていますと言う人が多いのですがそれでは確実な効果は期待できませんので成分表などを見てどんな美白成分が入っているかだけでも気に留めてみましょう。

美白成分とは

そもそも美白成分とはどんなものでしょうか。

メラニン色素の色素が作られる際に肌の中で起こる反応をどこかで抑えるものが美白成分です。

紫外線や肌摩擦などからのメラニン色素が活発になる過程をどこかでブレーキをかけるものと思って下さい。美白と聞くと肌全体を真っ白にしてくれるものと思いがちですがそれは誤解です。

メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きですのでニキビ跡の赤みやメラニン色素によるものではない色を白くすることができません。

ただしビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みにも有効です。

医薬部外品の美白成分の主な種類

ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンCなどビタミンCをお肌に吸収しやすい形に変えたもの。
抗酸化作用もありアンチエイジングやニキビの炎症抑えることにも役立ちます。

アルブチン
もともとはコケモモから抽出された成分。
濃度が高いと肌に刺激になることもあるので注意が必要です。

トラネキサム酸
もともとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発したもの

コウジ酸
味噌や醤油など麹菌由来の成分

エラグ酸
イチゴ由来の成分

ルシノール
北欧のモミの木に含まれる成分をヒントにして作られた成分

リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出したもの

カモミラET
ハーブのカモミールに含まれる成分で抗炎症作用も併せ持つ

プラセンタエキス
豚の胎盤から抽出された成分

医薬部外品で認められている主な美白成分には上記のようなものがありますが認可成分以外にも化粧品には多くの美白成分が使われています。

販売メーカー独自の研究で開発した美白成分も含めると無数に出回っていると言って良いでしょう。それらの美白成分を通常はブレンドした形で美白化粧品に配合しています

医薬部外品を含めどの美白成分が1番効果的であるとかどれが強いと言うものではありませんので効果の出方は人によっても違ってきます。

また肌に合う合わない等の相性などもありますのでこれを使えば間違いないと言う成分はなく自分の方で試しながら選んでいくしかありません

美白化粧品は予防が大前提!1年を通して使いましょう


美白化粧品の使用は予防が大前提ですので夏になったら美白化粧品を使い始めようとか日焼けしたから美白化粧品を使う。

こういった使い方ではシミのお手入れとしては不十分です。

多かれ少なかれ紫外線は季節を問わず浴びているので日差しが弱い季節でもしっかりとUV対策は必要です。
参考ページ冬でも侮れない紫外線量について

それなのに美白ケアをほとんどしないとなるとメラニンの活動たまにしか押さえていないことになります。

できてしまったシミを薄くしたり無かった事にするのには時間も手間も相当かかり大変です。美白ケアの基本はシミの原因を作らせない予防に専念することなのです。

1番大切な事は美白ケアは毎日行うことなのでさらっとした美容液など取り入れやすいアイテムや1年中使い続けられそうな使用感の良いものや自分にとって無理のない価格の商品で問題ありません

美白化粧品の選び方

では毎日の美白ケアをするにあたりどのような美白化粧品を選べば良いのでしょうか?

美白化粧品と言うものはそもそもできてしまったシミを消すと言うよりはこれから出来るシミを予防するためにあるので部分使用よりは毎日顔全体に使えるもののほうが良いです。

石鹸のように洗い流してしまうものに美白成分が入っているものもありますがそれではあまり意味がありません。

またファンデーションや化粧下地などに美白成分が入っているものがありますが、それらはそもそも美白目的に作られているものではなくついでに美白効果も狙っていると言うアイテムになりますので美白化粧品としては選ぶのは良い選択ではありません。

やはり美白の目的から選ぶのでしたらスキンケアで肌に留める化粧水や美容液クリームなどに美白成分が入っているものを選ぶのが良いですね。

価格的にも無理のないものが良いですが極端に安いものでは残念ながら効果もそれなりになってしまいますので価格のバランスも考えて購入しましょう

定期的にピーリングすると美白効果が高まります

普段の美白ケアにピーリングをプラスするとより効果が高まります。

通常の美白化粧品がメラニン色素を作るプロセスに働きかけるのに対しピーリングはできてしまったメラニン色素がスムーズに排出できるように手助けするためです。

できてしまったメラニン色素は通常ターンオーバーのサイクルに乗って排出されていきますが加齢と共に遅くなりメラニンが排出されにくくなります。

そこでピーリングを行うとターンオーバーを早める効果によってメラニン色素を排出するスピードを早めてあげることになります。

またピーリングを行うことによりターンオーバーで排出しきれなかった余分な古い角質が取れますので美白成分の浸透が高くなり効果が高まりますので定期的にピーリングで美白化粧品の成分をしっかりと浸透させてあげましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

美白化粧品というとアイテムによっても美白有効成分は、それぞれ違ってきます

どれが一番という事ではなく、あなたの肌との相性が重要ですので使ってみないと分からないですが美白化粧品のおすすめの選び方としてはお肌に留まる化粧水や美容液、クリームなどで試してみてくださいね

\ SNSでシェアしよう! /

オトナ女子Lifeの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子Lifeの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

編集者紹介 編集者一覧

オトナ女子LIFE編集部

オトナ女子LIFE編集部

20代のように勢いだけでは乗り切れない。いつまでも綺麗な自分を好きでいるには努力も大切!そんな30代以上の女性に美容と気になりだした健康情報をお伝えするオトナ女子のライフマガジン

関連記事

  • 大人ニキビを悪化させない肌に優しいクレンジングの選び方

  • 3型コラーゲンを増やすことが肌のたるみやシワの改善効果を高めるポイント!

  • そばかすを消したい!20代以上の大人にオススメな対処法

  • <保存版>ポイントを押さえて実践しよう!シミ そばかすを取る方法をまとめてみました

  • 日焼けニキビを治す5つの法則で退治しましょう

  • 万が一日焼けした場合は?日焼け後のケアも大切!美白効果がある食べ物を積極的に摂ろう