そばかすを消したい!20代以上の大人にオススメな対処法

年々濃くなるそばかすを消したい!

10代の頃はチャームポイントにもなっていた、そばかすも20代以上にもなると肌トラブルの一つとして悩みの原因になります。

遺伝などで元々そばかすの多い人もいますが大人になって紫外線などの影響で徐々にそばかすが増えてしまいメイクやコンシーラーで隠すのにも限界を感じている方も多いと思います。

そばかすを消したい!少しでも薄く目立たなくしたい!

そんな方にそばかすに有効なオススメな対策法を考えていきましょう

そばかすを消したい場合は原因をしっかりと把握しましょう

そばかすは白人に多く見られますが日本人でも色白の人に比較的多く現れる症状で医学的にはホクロ、いぼなどと同じようにシミに分類され雀卵斑と呼ばれ小さいシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴です。

では、そばかすにはどの様な原因が多いのでしょうか?

[su_list icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#d86b6b” size=”20″ font_size=”18″]遺伝的要素が原因[/su_list]

そばかすは子供にもできる症状ですが、子供のそばかすの場合は両親から受け継いだ遺伝によるものが多いようです。遺伝といってもそばかすになる遺伝子が組み込まれている訳ではなく、
そばかすになりやすく肌がデリケートな体質が似るという事です。

遺伝的な要素の場合は思春期を過ぎれば肌が丈夫になり軽減される場合もありますが、大人になってもずっと悩まされる事もあるようです。
20代以上の大人になっても消えない場合には他の原因が考えられます。

[su_list icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#d86b6b” size=”20″ font_size=”18″]間違ったスキンケアや生活習慣[/su_list]

20代以上の大人になってからそばかすが目立ってくる場合は生活習慣や、間違ったスキンケア方法が原因です。

そばかすが出来やすい方は敏感肌など肌がデリケートな場合が多いですので日焼け止めを塗らずに紫外線をよく浴びている人や、毛穴の黒ずみを綺麗にしようと毎日の洗顔で顔をゴシゴシこすり過ぎると、摩擦によってそばかすが更に出来やすくなります。

また普段からあまりビタミンCが含まれる野菜などを食べない食生活を送っていると、そばかすになりやすい肌質へと向かう事になります。

[su_list icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#d86b6b” size=”20″ font_size=”18″]精神的なストレスなどにも注意[/su_list]

慢性的な不眠や仕事などでストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾールという物質が体内に増えます。コルチゾールは大量の活性酸素を生み出し、肌を酸化させて老化を早めてしまい体内の活性酸素が多い事で肌への負担が増えてしまうのです。

特に睡眠不足は成長ホルモンが正常に分泌されませんので、肌のターンオーバーもうまくいかなくなり肌トラブルの原因になります。

ソバカスを消したい時に味方になるスキンケア成分

そばかすを外側からのケアで薄くしていくのであれば、そばかすに有効な成分が含まれたスキンケアを選んで使用するのがおすすめです。

そばかすがある人は元々敏感肌の場合が多く、外からの刺激でメラニンが過剰に作られるという悪循環に陥る事が多いですのでメラニンを作らせないことが大切です!

また肌の乾燥は、より紫外線を浴びた時のダメージを大きくしてしまいます。そのため肌の保湿成分も多く含まれた化粧品を使うことをおすすめします。

そばかすは雀卵斑と呼ばれるシミの一種ですのでシミケアが出来る成分が入っているスキンケアがおススメです。

成分としてはトラネキサム酸や、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体などが良いでしょう。

また敏感肌の人は科学的な成分よりも、植物由来の美白成分の方が肌へのダメージが少なくて済みますね

そばかすの皮膚科やクリニックの治療法

そばかすが気になって毎日しっかりとスキンケアをしても薄くならないと悩んでいる方は皮膚科や美容クリニックなどでの治療を考えた事がある人もいるのではないでしょうか。

そばかすの治療といってもその治療法は様々あり、主に医師の診察や相談でどんな治療が行われるかが決まります。

治療法はIPLと呼ばれる光を用いた治療法で黒い部分を消す方法や、レーザーを使用してそばかすを除去する方法が一般的です。

もう1つは一般的な皮膚科があり、医師にレーザーを使用する資格があれば普通の皮膚科でもレーザー治療は可能です。

 

またイオン導入器を使って肌に電流を流す方法がとられる事もあります。

また皮膚科での治療法でもう1つあるのが内服薬や、クリームなどの塗り薬を用いて治療する方法で、こちらもポピュラーな方法です。

内服薬にも種類があり、ビタミンCやトラネキサム酸が処方されることもあります。

実際の治療法は、まずは内服薬やクリームなどで数ヶ月様子を見た後、それでも改善が見られなかった場合にはレーザー治療をしたり、光治療を勧められるなど段階を踏んでいく事が多いでしょう。

治療に健康保険は適用される?

そばかすの治療をおこなう場合は病院の皮膚科もしくは美容クリニックが考えられますが保険が適用される症状は限られていますので注意が必要です。

元来のそばかすやホルモンバランスの乱れからくるもの、診察結果がそばかすではなく太田母斑などのアザである事や、治療に使うレーザーが厚生労働省が認可した機械であると保険が適用される事もあります。

それ以外の日焼けのダメージによるソバカスやレーザー治療、ハイドロキノン軟膏がありますが、こちらは保険適用外となる事も多く症状や医師の判断によっても変わってきます。

ただそばかす自体が原因を特定するには難しい症状でもありますので、結局治療をおこなう場合はある程度の出費は覚悟した方がよいですね。

レーザー治療の場合、料金の目安としてはそばかすの程度によって照射する回数によって金額も変わりますが平均的なタイプで3回から4回照射して、5万円から8万円くらいの金額が平均的な相場になります。

そばかすは自然に消えることはある?

そばかすで悩んでいる人にとっては、どうすれば無くなってくれるのかで悩む事も多いでしょう。

そばかすは何もせずに自然となくなっていくことはあるのでしょうか。

子供の時に現れる遺伝的要素のソバカスの場合、思春期を過ぎる頃には薄くなるという人も多いですが20代以上の大人になってからのそばかすは自然に消えることはありません。

普段の過剰なスキンケアや紫外線などの影響から現れる後天的なそばかすでは放置すれば、ますます色素が濃くなってきますので何もしないというのは絶対NGです。

後天的にそばかすが出ている人は、普段の生活習慣に問題がある事が多く、それを改善させたりしない限りはそばかすが無くなることはありません。

実生活で行える事は、ホルモンバランスの崩れを起こさないよう自律神経を整える事が大切です。

また肌に良いとされるビタミンCを含む食品を積極的に食べたり、活性酸素が増えやすい生活習慣を改める事が大切です。

普段の食事からソバカス対策をおこないましょう

そばかすを消したい、少しでも薄くしたいと考えた場合スキンケアも大切ですが普段の食事からソバカスに働きかける栄養素を意識して摂るように心がけましょう。

特に重要なのがビタミン類です

シミやそばかすに効果的なのがビタミンCが有名です。

ビタミンCにはそばかすの原因であるメラニン色素の沈着や生成を予防する働きがあります。

肌の弾力を高めるコラーゲンの生成をサポートする役割もあるので、肌への健康や美容に対しても有効な成分です。ビタミンCが含まれる食品はイチゴやキウイ、ピーマンやブロッコリーなどです。

ビタミンAやビタミンE、ビタミンB群は紫外線から肌を守って老化を防ぐ働きを持っています。

ビタミンEは抗酸化力が非常に高いので、体の中の活性酸素を外に追いやってくれる働きを持っています。食品では青魚全般や大豆製品、アーモンドによく含まれています。

また同時に新陳代謝を高められるビタミンAやB群を一緒に摂ると良いでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?

そばかすを消すためにはメラニンを抑える成分を普段からしっかりと摂ることが大切です。

すぐにでも薄くしたい方はある程度の出費は必要ですが皮膚科やクリニックでのレーザー治療、毎日のスキンケアで対策をしたい方はトラネキサム酸やビタミンC誘導体などのしみやソバカスのケアに必要な成分がしっかりと配合されたスキンケアで対策をしていきましょう。

普段の食生活でも意識してビタミン類を摂ることも忘れないでくださいね。

皮膚科などを受診するほどでは無い方は最近ではそばかすの改善を目的にした成分が配合されたクリームなども発売されていますので、うまく取り入れて対策をしていきましょう。